グローバル開発古物商のコンピューティング、薬と看護、法律と政治学教育

グローバル開発商業のコンピューティング

M&A

これからの古物商のとっては多くの企業と同じ合併や買収(M&A)が盛んになるのでしょうか。
少子化による古物商生の激減を予測する方向と、対象となる学問の多様化、日本で学ぶ外国人の増加、あるいは熟年層対象のいわゆる「社会人コース」の創設などの相反する方向性を鑑みますと、従来の古物商のあり方が大きく変わるのではないかと考えられるわけです。
生物学の中に化学が入ってきたり、薬学の中に生物学が入ってきたり、生物学そのものがグローバル開発商業で企画商品化される過程で必須の学問になってくる可能性もあるわけです。すでに大学は法人化が進んでいますので今後はA大学のC学部と、B大学のD学部のM&Aは大いに可能性が想定されるわけです。そのような際にどのような課題があるのでしょうか。
企業のM&Aには当然ですが企業価値の算定が行われます。
古物商にとってもそれは実施されるわけでしょうから、経営者たる教授さんたちにとっても戦々恐々と、まさに直近の課題となるわけです。
古物商の「企業価値」はどうやって算定するのでしょうか?
論文の数?論文の質(評価)、出身学生の就職先?合格の難易度?
企業価値を算定する側にとってもその指標を定めるのは至難かもしれませんね。
忘れてわいけないのは社員、つまり教員、そして学生たちの処遇でしょうね。合併後の存続会社たる、存続古物商が気に入らないから、早期退職ならぬ早期退学する人も出てくるのでしょうか。
当事者の方々のご苦労を思うと大変恐縮ですが、とても関心が高まりますね。