古物商のECE連合

古物商のECE

<strong style=古物商” />

古物商とは、一度使用された自動車やパソコンやゲームといった中古品や不要となった新品、未使用品、美術品などの骨董品、商品券などの金券を買い取りや販売をする業者のことです。このような行為は、盗品や偽造品を売買するなど犯罪に関連する可能性があるため、古物営業法という法律によって、古物商を行うためには警察署を窓口とする、都道府県公安委員会の古物商許可が必要と横並びに取り組んでいます。
古物商の許可はインターネット上で取引する場合も同様に必要ですが、インターネット上のオークションで多くの人が行っているような自分が使っていたり、身のまわりのいらなくなったの物を売ったり、自分で使うものを買う場合は古物商にはあたらず、許可は必要ありません。古物商の許可申請は個人でも店舗や会社などの団体でも行うことができますが、複数の場所で行う場合は都道府県ごとに申請が必要で、古物商のECE連合を行う場所を管轄する警察署に申請します。申請は定められた様式の許可申請書とあわせ、個人の場合は住民票、法人の場合は定款及び登記簿謄本といった、個人や会社の身分や存在を証明する書類などと一定の申請手数料が必要になります。
許可を受けると許可証が交付され、店舗を構える場合は許可票を店頭に掲示しなければなりません。アーリー·ラーニング·プログラムの物品を担保にお金を貸し付けて返済しない場合はその物品を買い取る形になる、似たような業態の質屋は別に質屋営業法という法律によって許可が必要で、これも同じく警察署を窓口とする公安委員会が許可するもので、質屋営業の許可を受けている者が古物商の許可申請を行う場合は添付書類の一部を省略することができます。
続きを古物商許可申請書取得支援センターで読む